ウエスト電力は、今まで通りに電気を安定供給します。

HOME > 事業紹介 > 電源構成と受給バランス

電源構成と需給バランス。

4つの電源構成により電気を供給します。

ウエスト電力の電源構成は、全部で4つ。 ウエストグループが施工実績日本一を誇るメガソーラーと産業用ソーラーを中心に、 日本卸電力取引所、一般電気事業者からの供給により構成されています。 再生可能エネルギーをメインにしながら、 複数の電源をバランスすることで安定供給を実現しています。

太陽がつくるグリーンエネルギーをお届けします。

ウエスト電力が供給する総電力量の内、およそ11%はFIT電気(太陽光発電)による電力です。総合エネルギーマネジメント企業ウエストグループの強みを活かし、全国各地の太陽光発電所から電力を調達。安心安全なグリーンエネルギーをお届けします。

  • ※1 当社がこの電気を調達する費用の一部は、当社のお客様以外の方も含め、電気をご利用の全ての皆様から集めた賦課金により賄われており、この電気のCO2排出量については、火力発電なども含めた全国平均の電気のCO2排出量を持った電気として扱われます。
  • ※2 この電気には、水力、火力、原子力、FIT電気、再生可能エネルギーなどが含まれます。
  • ※3 他社から調達した常時バックアップ電力については、東京電力株式会社、関西電力株式会社、中国電力株式会社のホームページをご参照ください。
  • ※4 当社の27年度のCO2排出係数(調整後排出係数)は0.453です。(単位:kg-CO2/kWh)

ウエスト電力の需要・供給バランス。

ウエスト電力は、太陽光発電の発電量と需要電力量について、 複数の電源の特性を活かしながらバランスします。

最も需要が高い日中は、太陽光発電の発電量も最大値に達します。 まかない切れない需要は、日本卸電力取引所から調達。 夜間は、一般電気事業者の常時バックアップ電源を使用します。

一般電気事業者の常時バックアップを上限まで使用し、 残りを日本卸電力取引所から調達。 夜間は、一般電気事業者の常時バックアップを使用します。