地域でつくった電気を地域に販売して、電気の地産地消を実現し、地域の活性化を図ります。

HOME > 事業紹介 > 新電力で電気の地産地消

新電力で、電気の地産地消を実現しませんか?

分散型エネルギー供給源となる新電力

2016年4月に開始された「電力小売完全自由化」では、 需要規模50kW未満(小さい工場やコンビニ、一般家庭)でも、 これまで地域で固定されていた既存の電力会社(一般電気事業者)だけでなく、 ウエスト電力のような新電力のどちらからも電気が買えるようになります。 一般電気事業者の大規模発電所による「一極集中型」エネルギー供給とは異なり、 新電力の「分散型」供給を選択することができます。

新電力は、地域に利益を還元します。

新電力は、地域内でつくった電気を限られたエリア内で需給するしくみをつくります。 地元のメガソーラーや公共施設の屋根などで発電した電気を新電力が地元に販売。 地方自治体や地元企業に利益を還元します。 つまり一般電気事業者の管轄エリア内で利益と電力を循環させるという、 これまでの電力会社にはなかった新しい構造を生み出します。